何度も読み返したいNEM記事まとめ

明けましておめでとうございます。2018年ですね。仮想通貨界隈は今年もいっそう盛り上がっていくでしょう。今年から仮想通貨に興味を持ち始めた人の中でビットコインやブロックチェーンって何?という人もいるかと思います。最近は仮想通貨に関する情報もネット上にたくさんあります。中には悪質な通貨の情報が載った記事もあります。ここでは、ビットコインやブロックチェーンについての基本知識と今までの経緯、そして現在と今後について特に良質だと思う記事をピックしてみました。またNEMについて知りたい人へのおすすめ記事も紹介します。

 

2018年、テックビューロ代表朝山貴生より新年のご挨拶

まずは、この記事に目を通すと良いです。仮想通貨界隈の現在と今後について界隈でも最先端を走る有識者の考えがまとめられています。所々で分からない用語が出てくると思いますが、それらはとても重要な用語ですので少しずつ調べてみると理解が深まります。一度に理解するのは大変だと思いますが、仮想通貨界隈の現状を俯瞰するには最高の記事です。

 

誰も教えてくれないけれど、これを読めば分かるビットコインの仕組みと可能性

ビットコインやブロックチェーンって何?という方はまずこの記事を読むことをおすすめします。そもそもビットコインとはなぜ生まれたのか、どんな可能性があるのか。ビットコインの本質への理解を深めるには良い記事です。本質を理解しているのといないのとでは、今後情報を追っていく時にも大きな差が出てくるでしょう。

 

ネム(NEM)/ XEMとは?概要と最新情報

ビットコインやイーサリアムと肩を並べる程に注目されているNEMについて知りたい人におすすめの記事です。このサイトの記事を読めばネムに関する一般的な知識はほとんどマスターできると思います。

 

NEMの2つの特徴 | そしてそのブロックチェーンは、世の中を変えていけるか #NEM(XEM)

NEMの特徴について非常に簡潔にまとめられています。他のブロックチェーンには無い、NEMの独自機能であるモザイクやマルチシグについて、更にCatapultの新機能アグリゲートトランザクションについても説明されています。この記事を読めば、他のブロックチェーンネットワークに比べてNEMの強みがどこにあるのかが分かってくると思います。

追記)いかにもNEMブロックチェーンは他より優れているといった感じの文章を書いてしまいましたが、どのブロックチェーンが強いか弱いかといった話はナンセンスかもしれませんね。もっと勉強します。

 

NEMとMijinそしてCatapultの関係とは?

NEMの強みとしてはずしてはいけないのが、NEM財団・テックビューロ・各国のNEMコミュニティからなるとても良質で画期的なエコシステムが成り立っていることです。事業体である企業の強みとオープンソースの強みをうまく混ぜ合わせることで相乗効果を生みます。この良質なエコシステムがNEMブロックチェーンを更なる高みへ成長させています。現在、日本国内をみてもNEMを使ったサービス開発が活発化したり、NEM決済が可能な店ができたりと力強いNEMコミュニティが出来てきました。近い将来、NEMコミュニティ活動は国を超え、各国のNEMコミュニティが連携を取り合う日が来るかもしれません。更に、近々Catapult実装のmijinが商用オープンソースとして公開されるらしいです。これを引き金に新しいNEM/mijinユーザーが生まれ、NEMコミュニティの規模が拡大することと予想します。

 

COMSAホワイトペーパー(PDF)

今年、非常に注目されているICOソリューションCOMSAのホワイトペーパーです。ホワイトペーパーは新しい仮想通貨やトークンのICOをする際に、どんなものなのか投資家達に詳しく説明するためのものです。技術的な話も多く、理解するのは大変ですが読み込んで理解を深めれば深める程、ICO発案者のまだ誰も見ぬ壮大なヴィジョンを共有できるのでワクワクします。特にこのホワイトペーパーは日本語でも提供されているので初めて読むホワイトペーパーにはうってつけのかと思います。

 

最後に動画も一つ紹介します。mijin/NEMの次世代エンジンCatapultの解説動画です。どんなことができるようになるのかが動画でとても分かりやすくなっています。今後、mijinやNEMの利用を考えている人にとってアイデアを考えるのに良いです。来たるべきトークンエコノミーに向けて、想像を膨らませましょう。

 

以上です。それでは皆さん2018年もよりよい仮想通貨ライフを!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です