NEMで何か作ってみたいけど何からすればよいのか

着々と活性化していくNEMコミュニティ

最近、NEMコミュニティが活発になっているのを感じます。

 

11月には福岡ミートアップ開催やNEM barが始まったり、12月にはnemketが行われたり。これらが全てコミュニティ主導で行われているのを見て凄いなぁと思います。

 

 

@kengaminePさんが仰るように、仮想通貨の普及にはやはりそのコミュニティの活発化が不可欠です。

 

そういう意味で、NEMは結構良いコミュニティが構築されてきているのではないでしょうか。

 

 

あのイケハヤさんも積極的にNEMの普及活動をしてくれています。

 

一応、自称NEMコミュニティの一員である自分もなんらかの形でNEMに貢献してみたいという思いがあり、何かNEMを使って開発をしてみようとか考えたりはしているのですが…

 

全くといっていい程、手についていない状況です。(僕のような人周りにもいるかな?)

 

NEMの開発者にとっての聖書

 

自分もNEMで何か作ってみたいと思っている一人でして、しかし全くといって良い程知識がない自分には開発をするために何からどう始めていけばよいのかもさっぱりわからなかった最中にこのツイートを見つけました。

 

https://twitter.com/aleix_mp/status/920858825808404481

 

tadajamさんが「聖書」といっていたのは最近、NEM財団に雇われたことで知られるaleixさんのgithubレポジトリです。

 

今回はこのAleixさんのgithubレポジトリについて深入りせず(いつも深入りして迷子になるので)ざっくりとどんなものなのか、これを今後どう活かしていけそうか調査してみようと思います。

 

Aleixさんのgithubレポジトリはこちら

 

githubとは

まずgithubってなんなんだという方もいらっしゃると思います。自分も詳しくは分かっていませんが、個人的な理解では

 

githubはITエンジニアが自分の作ったプログラム(ソースコード)を世界中の人と共有するためのサービス。です。実際にはgithubを利用しているのはITエンジニアだけではありませんがほとんどの利用者はITエンジニアを占めているでしょう。

 

より詳しい説明はこのサイトが分かりやすい。

 

ITエンジニアはプログラムを書くことでサービスやモノ、システムを作ります。そしてエンジニアはしばしば自分の作ったプログラムを他のエンジニアと共有しようとします。そうすることで、世界中のエンジニア達が知見を共有しあい、より素晴らしいプログラムを生み出していきます。

 

これはアカデミックな世界とよく似ていると思います。学者は自身が興味を持った事柄を探求し新しい発見をします。そして発見したものを世界中の人と共有(論文という形で)します。そうすることで、世界中の学者が知識を共有しあい、より世界に対しての理解を広げていきます。

 

僕はこういったアカデミックな世界観が好きです。そこにあるのは個人の喜びを追究し、更にそれを皆と共有することで全体の喜びにもなっていく。(あちゃ、いつの間にかにポエムってるわ…)

 

話をもとに戻しましてw つまりgithubはプログラムを皆と共有するツールです。公開されているプログラムはあるライセンスに準拠していれば誰でも利用できるようになっています。(いわゆるオープンソース)

 

そして、ビットコインやイーサリアム、NEMも基本的にはこのオープンソースであるので(公開されているところとされていないところもある)、誰でもその仕組みをgithub上で見たり、実際にそのプログラムを動かしてみたりすることができます。(たぶん)

 

技術的な知識を得るにはgithubの利用が不可欠か

てなわけで、自分含め、NEMで何か作りたいというような人たちには技術的な知識が必要で、そういった知識を得るにはtwitterだけでなく、githubによる情報収集もしていく必要があるのでしょう。

 

さっそく、Aleixさんのgithubレポジトリを見てみます。

図1. Aleixさんのgithubレポジトリ参照

 

…なるほど。わからん

 

図2. Aleixさんのgithubレポジトリ参照

 

npmってなんだっけ…聞いたことあるけど…

 

Documentationのところにnemlibraryのオフィシャルのリンクが貼ってありますね。

 

まずは、このnemlibraryのドキュメントをある程度理解できるレベルにならないと話にならない感じですかね。

 

まとめ

開発をするための情報収集としてgithubの利用は不可欠そうだってことは分かりました。しかし、githubに載っている情報を最低限の専門知識が必要となりそうです。

 

まずは、自分の足りない専門知識をnem-libraryの公式ドキュメントを読みながら補完していく所から始めていくのが良いのかなと思いました。(うぅ、大変そう)

 

先は長そうです…

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です