仮想通貨がもたらすグローカル時代

 

ブロックチェーン世代が語るこれからの「政治」 —— 仮想通貨によって国家の役割は小さくなる

 

という記事を読みました。それについて自分なりの考えをまとめていこうと思います。

 

この記事は、はやくからブロックチェーンに関わってきた3人の方(石井壮太さん、藤本真衣さん、勝木健太さん)が座談会をするというものです。

石井壮太さんは、あの日本人ではやくにICOを行ったALISのCTOです。藤本真衣さんは仮想通貨界隈でもよく見かけますが(ツイッターとか)はやくからブロックチェーンについて認知し、現在は普及活動を行っているそうです。勝木健太さんは監査法人でブロックチェーン関連のコンサルティングを担当しているそうです。有名な「ブロックチェーン・レボリューション」の和訳本にも関わっていたとか。

 

始まりはビットコイン

Business Insider Japan(以下、BI):みなさんのブロックチェーンや仮想通貨との出合いは。

藤本真衣さん(以下、藤本):5年くらい前、寄付事業の立ち上げを進めていました。海外送金の手数料が高くて、寄付事業なんてできないじゃんと思っていた時に仮想通貨に出合って、「手数料はほとんどかからなくて、直接送れるって、何それ」というところから興味を持ちました。ただ、そのころは仮想通貨についてほとんどの人が知らなかったので、まずは普及活動を続けてきました。

参考元:https://www.businessinsider.jp/post-105950

5年前、2012年ですか。だいぶ早いですね。

2012年といえばビットコイン最初の半減期の年ですね。報酬が50BTCから25BTCになりました。2回目の半減期は2016で現在の報酬は12.5BTCになりました。現在のビットコインの価格を考えると、初期のころからマイニングをしていた人達はとんでもない資産になっていますね。

5年前ならビットコインの送金手数料は問題なく安いものだったんですね。現在はビットコインというとアルトコインとかと比べると手数料が高いというイメージですよね。ビットコインの送金データ量は1MBが上限なので、それに近づくと、送金処理が重くなり、結果早く送金するためには送金手数料を高く設定する必要が出てきてしまいます。(参考

最近は、ビックブロック?とかなんとか色々出てきているみたいなので(全然追えていない…)現在の、ビットコインの状況はよくわかりません。

 

仮想通貨がもたらすグローカル時代

勝木健太さん(以下、勝木):2014年ごろ、藤本さんのビットコイン勉強会に参加したのがきっかけです。当初は、ビットコインは胡散臭くて、ブロックチェーンに価値があると思っていました。ただ徐々に、ビットコインも、マイニングという行為自体がその価値を担保している可能性を認識し、大きなポテンシャルを持つ存在であると捉え方が変わっていきました。

仮想通貨は従来の通貨と異なり、価値の裏付けがないと言われますが、通貨の価値って何でしょう。従来の通貨には国や中央銀行の信用力がバックにあると言われています。でも何かがバックにあるというより、流動性が担保されており、人々が価値のある実体だと認識すれば、そこに価値が生まれるのではないかと考えるようになりました。仮想通貨の将来性に少し懐疑的だったのですが、最近は、もしかしたら仮想通貨そのものが、超国家的な価値を持つ可能性もあると感じています。

参考元:https://www.businessinsider.jp/post-105950

勝木さんは藤本さんのビットコイン勉強会に参加したのがきっかけみたいです。2014年頃から本格的に関心を持つようになったそうですが、ブロックチェーンについては以前から知っていたみたいです。勝木さんは「価値」があるかどうかというところに注目しています。

「ビットコインもマイニングという行為自体がその価値を担保している可能性を認識し」

ビットコインの価値はどこにあるのかという議論は以前にもツイッターで見かけました。ビットコインの価値は電気代からどうのこうのとか。そこらへんの情報ってどうすれば手に入るんでしょうか。もっと、最先端のビットコイン、ブロックチェーンの考え方や議論を知りたいんですけどねぇ。(勉強しろって話)

「何かがバックにあるというより、流動性が担保されており、人々が価値のある実体だと認識すれば、そこに価値が生まれる」

これは個人的にも納得しやすい。結局、たくさんの人がこれには「価値」がある、交換対象になりうると思えば、それは価値があるんですよね。

あ、「価値」で思い出したのですが、最近読んだメイドインアビスって漫画があってその第6巻でも「価値とは何か」について考えさせられるストーリーがあってとても面白かったです。ぜひ、皆さんもご一読あれ。

「最近は、もしかしたら仮想通貨そのものが、超国家的な価値を持つ可能性もあると感じています。」

ここらへんの議論は大好物ですw

ブロックチェーン・仮想通貨は社会にどんな影響をもたらすのか、何を破壊し、何を想像するのか。さらにその先にあるのはなんなのかとか。妄想するのがとても楽しい。

以前、ホリエモンあたりが「グローカル」という考え方を紹介していました。現在は、世界(グローバル)・国(ネーション)・地方(ローカル)という構成になっているが、これからは巨大なグローバルと小さいたくさんのローカルで構成されるといった感じの考え方です。つまり国(ネーション)が無くなる

当初は本当に国が無くなるなんてことがあるのかと思っていましたが、国の機能が通貨を発行することだったり、国民を管理することだったり、他国との境界を守ることだったりするのであれば、こういった機能は、ブロックチェーン含め現在の技術で代用できてしまいそうなんですよね。つまり国がなくても、技術でなんとかなってしまう。そういった変革が近い将来に本当に起こってしまうのではないでしょうか。その変革のトリガーとなっているのがビットコインなのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です