NEMがShapeShiftと統合!?

XEMがShapeShiftと統合

 

価格はいまいちなXEMですが、面白いニュースがとめどなく出てきます。

 

トレストさんのツイートで知ったのですがXEMとShapeShiftが統合(?)するらしいです。どうゆうことかよくわからないのでちょっと調べてみようと思いッマス。

ShapeShiftとは

そもそもShapeShiftについてゼロ知識なのでまずはここから調査

 

ツイッターでハッシュタグ#ShapeShiftで調べた結果

どうやらShapeShiftは非中央集権取引所(DEX)の一つらしい

 

上のツイートに乗っていた記事を読む限り、ワシントン州の法律のためShapeShiftの事業の継続が難しいと判断したのでしょうか。

 

”新たな法律”Senate Bill 5031”は州内のブロックチェーンサービスプロバイダのライセンスを必要とするという。
この法の解釈下では、我々は自分のアカウントで資産を売買するのにワシントン州の許可を得なければならない。

さらに、ただ顧客の個人情報を抽出しハッカーから盗まれるこの個人情報を保管するだけのライセンスを
保持するためだけに何十万男百万ドルを消費しなければならなくなる。”

”我々は強要されることはない。
そして我々の顧客が望むのは自分の財産に関する意思決定を自分でできることであって、
政治家にとやかく言われることではない。

我々は引き続き規制当局に長い間支持され、設計され競争から守られてきた恐ろしい従来の銀行システムよりも
安全なシステム構築で顧客の安全を守っていく。”

引用元:http://32cure.blog.fc2.com/blog-entry-32.html

原文:https://www.cryptocoinsnews.com/shapeshift-leaves-washington-state-due-to-bitlicense-style-regulations/

このコメントを読む限り、ShapeShiftの運営者はとても顧客思いでブロックチェーンで社会をより良くしようという思想もみてとれる。けっこう信用できるそうという印象を持ちました。

 

上のツイートは少し気になりますね。2か月前の投稿なので現在はどうか分かりませんが、ShapeShiftを使ったらGOXされたっぽい(?)どういうことなんでしょう…

 

KeepKeyというものがあるらしい。(知らないことだらけだ。もっと勉強しないと)

 

ShapeShiftは非中央集権取引所

とこんな感じで最新のツイートからさかのぼって日本語のツイートのみ抽出してみました(英語わからん)

 

まだまだ、分からないことだらけですがとりあえず、ShapeShiftは非中央集権取引所(仮想通貨交換所)であることは分かりました。

追記)非中央集権取引所=仮想通貨交換所??

 

もう少し詳しい情報はこの記事が参考になりました。ShapeShiftは二つの仮想通貨を簡単に交換できるらしいのですが手数料がそこそこ高いらしいです。

ShapeShiftとXEMの統合で何ができるのか

で、じゃあ統合されるといったいどんなことが良いのでしょうか。ちょっと考えてみます。

 

まずは、XEMと他の通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップルなど)との交換ができるようになるので、XEMの流動性が増しそうです。(流動性が増せばハーベストもしやすくなるかな?)

 

もう一度、トレストさんがシェアしていた記事を読み返してみました(google翻訳)

NEMチームは、ShapeShiftをNanowalletに統合する作業を行っています。これは、すでにChangellyから入手可能な同様の利便性を提供します。 NanowalletはネイティブのNEMデスクトップウォレットで、ユーザーにXEMを他の暗号化通信に直接交換する機能を提供します。 ShapeShiftのNEM統合により、暗号化ATMは多くの消費財のウェブサイトとともにXEMをサポートすることができます。 NEM.io Foundationは今年初めに4000万ドルの拡張を発表して以来、NEMはCatapultを急速に開発しており、その2番目の完全に拡張された繰り返しです。 NEMの拡張には、NEM Blockchainイノベーションラボを収容し、アクセラレータ、インキュベータ、共同空間としての役割を果たす、クアラルンプールのクアラルンプールの10,000平方フィートのイノベーションラボも含まれています。 NEM.io財団は、10月にソフトウェア開発者向けのトレーニングプログラムを開始して、欧州でも業務を開始する予定です。

原文:http://www.the-blockchain.com/2017/10/09/shapeshift-integrates-nem-providing-liquidity-convenience-xem-token-holders/

google翻訳なのでいまいち理解できないところがあります…

 

特に「暗号化ATMは多くの消費財のウェブサイトとともにXEMをサポートする

 

ここが良くわからない。ShapeShiftについてもっと知らないといけないのでしょうかね。

 

他にも、NEMの本領が発揮されるのはモザイクが普及してからだと考えています。今後、ShapeShift上でXEMだけでなく、モザイク同士の交換、モザイクと他通貨の交換なんかもできるようになっていくのでしょうか。

 

NEM開発者向けのトレーニングプログラム

んで、個人的に一番興味を持ったのは実はShapeShiftの件ではなく、

 

10月にソフトウェア開発者向けのトレーニングプログラム

 

これです。個人的にNEMをつかったサービスを開発したいなぁと思っているのですが、なかなか難しくて手を付けていません…。どんな形で提供されるのかわかりませんがこういった開発者の教育を積極的にやっていこうというところがNEMはとても頼もしいです。

 

最近は価格は低迷中のNEMですが、こういった情報をみると着々とNEMコミュニティを強化していっていることが分かりますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です